前へ
次へ

食事でカルシウムを補って健康な体になろう

至福のひと時が満喫できる食事は、健康のために必要な栄養を摂取するという大切な目的も持っています。健康に不可欠な栄養にはカルシウムもあり、これは丈夫な歯や骨をつくるための原材料です。また、筋肉を動かす時にも必要な成分で、食事から補っておかなければ、カルシウムの貯蔵庫である骨から使われる一方になります。その状態が続いて骨がスカスカになるのが骨粗しょう症ですから、毎日しっかり食べねばなりません。この場合、牛乳を真っ先に思い浮かべるかもしれませんが、おすすめするのは煮干しです。煮干しには牛乳のおよそ10倍のカルシウムが含まれており、しかもその吸収をサポートするビタミンDも豊富に含まれています。何より牛乳はすぐに傷んでしまいますが、煮干しは保存食でもあるように、保存性に優れるのもポイントです。乾煎りしておけばそのままでも美味しく食べられ、育ち盛りのお子様にもピッタリなおやつになります。ご高齢の方にはハンドブレンダーなどで粉末状にしておきますと、ふりかけとしても手軽にお召し上がり頂けます。食事で健康と体の基礎である骨を丈夫にして、元気な毎日を送りましょう。

Page Top