前へ
次へ

脳卒中の予防と改善に役立つ食材

脳卒中の予防、改善には食生活を見直すことがポイントになります。とくに、脳の血管を強化し、血流をスムーズにするための食生活が求められます。玉ねぎとニンジンをうまく取り入れるようにしましょう。たまねぎの独特のにおいのもとであるアリシンには、血液内の不要物質を排出し、きれいにする作用があります。スルフォラファンと言うイオウ化合物は、腸内細胞を活発化させます。血流を高めつつ、免疫力まで高めてくれるのです。ニンジンにはβ-カロテンが含まれていることが知られています。過剰な有害活性酸素を抑制してくれるので、血管や血液を正常に保つことができます。アリシンもβ-カロテンも熱を加える濃度が高まるのが特徴です。加熱調理で毎日摂るようにしましょう。ちなみに、たまねぎは長期保存できる野菜ですが、湿度に弱いです。できる限り、風通しの良い場所に保管することです。ニンジンも高温多湿が苦手なので、夏は冷蔵庫、冬は冷暗所で保存します。

Page Top